各種検査の詳細

内視鏡

内視鏡

内視鏡とは

体の中を直接カメラで見るための医療機器です。当クリニックでは、胃や大腸を体の内側から直接みるための内視鏡を用意しております。

胃カメラ

胃カメラ

胃カメラは食道・胃・十二指腸を直接見ることができるので、食道や胃、十二指腸の炎症や潰瘍、がん等の診断に役立ちます。
さらに、胃がんの原因と言われているピロリ菌の診断に役立ちます。

経鼻内視鏡

鼻を通して挿入する胃カメラです。
従来の口を通して挿入する胃カメラに比べて、注射による処置の必要がなく、また、吐き気などの検査に伴う苦痛が少なくすみます。
また、検査中にモニターを見ながら医師と話をする事ができます。

経鼻内視鏡による検査について
(前処置について)

事前診察
  • 事前に来院していただき、胃カメラの検査が可能か、診察させていただきます。
  • 診察後、胃カメラを受けるための承諾書にサインをいただきます。
前日
  • 食事は消化の良い物を検査の前日の午後9時までに済ませて下さい。
  • 基本的に水やお茶などの水分は摂っていただいても結構ですが、喫煙・アルコール類はお控えください。
当日
  • 脱ぎやすい、お腹を締め付けないような服装で来院していただきます。
  • 女性の方は化粧(口紅も)・マニュキュアはしないで来院してください。
  • 喫煙者の方は喫煙をしないようお願い致します。
  • 検査開始15分前に、胃内部の粘液を整える薬を服用していただきます。
  • 薬の服用後、検査台に仰向けになって寝ていただきます。
  • 検査開始8分前と3分前の2回に分けて、痛みを軽減するための局所麻酔を両鼻の奥に噴霧します。
  • 検査直前に体の左側を下に横向けになって寝ていただきます。
  • 左右どちらかの鼻の穴から胃カメラを挿入します。
  • 約10分ほどかけて検査をします。
  • 検査終了後、鼻炎などを抑える薬を噴霧します。

※検査終了後の鼻の中は過敏になっているため、鼻を強くかまないようお願い致します。
※できるだけ検査当日はお車での来院をお控えください。

経口内視鏡について

口を通して挿入する一般的な胃カメラです。
鼻を通して挿入する胃カメラに比べて、カメラが太いですが、検査や処置のできる範囲が広く、また、検査の時間も短くすみます。当クリニックでは、安定剤(麻酔)を注射して苦痛のない検査ができます。

経口内視鏡による検査について
(前処置について)

事前診察
  • 事前に来院していただき、胃カメラの検査が可能か、診察させていただきます。
  • 診察後、胃カメラを受けるための承諾書にサインをいただきます。
前日
  • 食事は消化の良い物を検査の前日の午後9時までに済ませて下さい。
  • 基本的に水やお茶などの水分は摂っていただいても結構ですが、喫煙・アルコール類はお控えください。
当日
  • 脱ぎやすい、お腹を締め付けないような服装で来院していただきます。
  • 女性の方は化粧(口紅も)・マニュキュアはしないで来院してください。
  • 喫煙者の方は喫煙をしないようお願い致します。
  • 喉の麻酔をします。
  • 麻酔の注射(希望により)眠った状態で検査をうけることができます。
  • 検査終了後しばらく休んでいただきます。
  • 約10分ほどかけて検査をします。

※できるだけ検査当日はお車での来院をお控えください。

大腸カメラ

大腸カメラ

大腸内視鏡

肛門を通して挿入する大腸カメラです。
肛門・直腸・結腸を検査するための内視鏡です。

大腸内視鏡による検査について
(前処置について)

事前診察
  • 事前に来院していただき、大腸カメラの検査が可能か、診察させていただきます。
  • 診察後、大腸カメラを受けるための承諾書にサインをいただきます。
前日
  • 検査の前日は消化の良いお食事を心がけて下さい。場合によっては検査食(自費)を召し上がっていただきます。
  • 喫煙・アルコール類はお控えください。
当日
  • 脱ぎやすい、お腹を締め付けないような服装で来院していただきます。
  • 当日水、お茶には制限ありませんが、果実入りの飲み物は飲まないでください。
  • 9時30分に来院していただき、約2リッターの排便をうながすお薬を飲んでいただきます。
    そのお薬を服用すると大便が何度か出ます。
    それにより腸の中をきれいにし、観察しやすくします。
    大便が透明な液体になれば準備完了です。(通常2時間程度かかります。)
  • 麻酔の注射をし、眠った状態で検査を受けることができます。
  • 腸の動きを弱める注射をします。
  • 虚血性心疾患(狭心症、心筋梗塞)、前立腺肥大、緑内障の方はその注射で病状が悪化することがあるので、別の注射をします。
  • 約10~20分ほどかけて検査をします。

検査終了後しばらく休んでいただきます。
※できるだけ検査当日はお車での来院をお控えください。

骨密度測定器

骨密度測定器

骨の密度を測定する機器です。
X線により骨量減少や骨粗鬆症(骨の大きさは変わらないのにスポンジ状にスカスカした状態)を調べ、高齢化社会に伴う骨折の危険を予測し、適切な治療を行うことを目的としています。
当クリニックの骨密度測定機は、高度な測定機能を有する米国ホロジック社製、X線骨密度測定装置です。
測定部位は腰椎(正面、側面)、大腿骨、前腕骨、また任意の部位の測定も可能で応用範囲が広く、脊椎の骨塩量測定には欠かせない機器となっています。
※骨塩量測定は4ケ月に1回まで、保険給付の対象となっています。治療経過の指標としてください。

骨密度測定機による検査について

当日
  • 脱ぎやすい、お腹を締め付けないような服装で来院していただきます。

実際の風景

当クリニックでは、腰椎・大腿骨頚部、橈骨の骨密度を測定できます。
通常行われる腰椎の測定では、X線検査用ベッドの上に仰向けに寝ていただくだけです。
あとはベッドを動かして腰の位置に合わせて測定をします。
1分30秒程で終わり、すぐに結果が出てきます。

X線による被ばく線量もごくわずかで済み、非常に簡単な検査ですので気軽に受け付けていただくことができます。

腹部超音波検査機について

骨密度測定器

腹部超音波検査は、主に腹部の臓器を観察する検査です。
検査は超音波を発する端子をお腹に押し付けるだけです。
放射線のような身体に対する影響は全くなく、診断能力の高い、安全かつ有用な検査です。また、動いている様子を観察できるので、胎児の診察や心臓の検査にも使用されています。

検査対象部位

検査対象部位

腹部超音波検査機による
検査について

当日
  • 脱ぎやすい、お腹を締め付けないような服装で来院していただきます。

※検査部位によりますが、基本的に食事をとらないで来院してください。
※おしっこも我慢してください。

実際の風景

薄暗い部屋の中でベッドに横たわっていただきます。
ゼリー(超音波の通りをよくするため)を塗って、10分から15分ほどの検査です。苦痛もありません。

ページの先頭へ